産後の薄毛は様子を見るのも大切?

女性の薄毛の特徴は?

薄毛と聞くと男性の悩みだというイメージがありますが、女性にも薄毛の症状が表れることがあります。
男性の髪が薄くなる症状のことをAGAと言い、これの女性版をFAGAと言います。生え際や頭頂部から髪が薄くなっていくAGAに対し、FAGAは全体の髪が細くなり髪にボリュームがなくなっていくという特徴があるのです。見た目で分かりやすいAGAに比べ、FAGAは症状が進行しないと気付けないことが多いので注意が必要です。
FAGA治療にはいろいろな種類がありますが、基本は内服薬と外用薬です。特殊な薬剤を頭皮に注入したり、植毛を選択する患者さんもいます。薄毛を進行させるような生活習慣を改善することも大切で、医師の指導を受けながら健康的な生活を送ることを意識するようにしましょう。

産後の薄毛は時間が解決することも

女性の薄毛は、ホルモンバランスが崩れることが原因だと言われています。女性の体は髪の成長を促す女性ホルモンが多く分泌されているので男性のような薄毛になることは少ないのですが、何らかの理由で男性ホルモンの働きが優位になったり、女性ホルモンの分泌が減少すると、髪が細くなってしまうのです。更年期に入って薄毛に悩む人が増えるのはこのためです。
女性の薄毛が起こりやすいタイミングとしては、他に出産後が挙げられます。出産後期に入ると、プロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになり、髪の成長が維持されます。しかし子供が生まれるとホルモンバランスが一気に元に戻るため、バランスが崩れて薄毛になりやすくなるのです。産後に起こる薄毛を「分娩後脱毛症」といいます。半年も経てばホルモンバランスが元に戻って改善することも多いので、慌てて治療せず様子を見るのも大切です。