頭皮環境を整えよう

シャンプーを見直して頭皮環境を整える

FAGAだけでなく、薄毛の改善には、頭皮環境を整えることが大切です。頭皮環境が悪化すると頭皮や髪から嫌な臭いがすることがありますが、これは皮脂や髪の毛の洗いすぎによるものだとされています。皮脂は本来保護や保湿の役割を持っており、頭皮にとって必要なものですが、洗浄力の高いシャンプーで皮脂を取りすぎると逆に過剰分泌を促します。また乱れた食生活も皮脂の過剰分泌を招くので、肉料理などの脂分の多い食べ物を控え、栄養バランスの整った食生活を心がけることがおすすめです。そのほかにも、頭皮が乾燥していると薄毛を引き起こします。洗浄力の強いシャンプーも乾燥の原因となりますが、高い温度のシャワー、高温のドライヤーなども影響します。頭皮に優しいシャンプーを選び、乾燥対策にオイルやローションを使用して保湿するのもよいです。

普段の生活習慣も見直そう

FAGAの原因は、髪を成長させる女性ホルモン、エストロゲンの量が減ることです。女性ホルモンの量は主に加齢や生活習慣の乱れによって減ります。偏った食生活やストレス、寝不足や冷え、喫煙も女性ホルモンの量を減らしてしまう原因となっています。ちなみにこれらは女性ホルモンの量を減らすだけでなく、髪の成長を阻害することにつながっています。血行を悪くし、髪が育つ栄養が行き届かない、栄養が足りないといった生活習慣だからです。

このようにFAGAの症状を改善するには、頭皮環境を整えるとともに、普段の生活習慣を見直す必要もあるのです。一見髪とは無関係に思われますが、髪の健康を維持するためには悪習慣を断つことも重要なのです。